荒稼ぎの架け橋を探して

荒稼ぎの架け橋を探して

荒稼ぎの架け橋を探して RSS Feed
 
 
 
 

【海外進出】インドネシアでの会社化に伴う手続き代行サービス

インドネシアは経済発展の続く新興国です。特に近年の躍進具合には目を見張るものがあるでしょう。ただし日本から見れば不完全な国ではあります。しかし成長性を見込んで進出していく企業や個人も非常に多い国とも言えるはずです。というのもインドネシアに限らず現地で会社設立をするとなれば、随分と時間もかかるのです。

また1年よりも10年と、現地で築き上げてきた実績が多ければ人材も集まりやすいと言えるでしょう。そのためポテンシャルの高さに魅力を見出せたのであれば、いち早く動く必要があります。しかし結構な数の手続きを踏まなければいけません。仮に貴方の会社が株式会社の場合、投資計画の登録から始まり営業許可や関税許可を受けなければいけないのです。もちろん一部を紹介したまでで、他にも必須となる手続きは山積みです。

そして現地で生活するとなれば住む場所を探さなければいけませんし、人材を見つける必要もありますよね?そこでオススメしたいのが【海外進出アドバイザーズ】という支援業者です。

★インドネシア会社設立 海外進出を支援いたします|海外進出アドバイザーズ★

インドネシアという国に特化した、設立支援が主なサービスとなります。会社設立のための手続きや現地で行わなければいけない細かな点を、全てサポートしてくれるのです。簡単に言ってしまえば代行業者になるでしょうか。海外進出を予定していれば、会社設立支援のサービス内容を確認してみてください。

GRANDITで販売管理をしませんか?

会社を経営されている方は、いろいろと頭が痛いことがおありではないかと思います。営業のお悩みはもちろんのこと、管理部門でも様々な問題点が生まれるものですよね。販売管理なども決して疎かにはできません。

そこで、販売管理のお悩みを解決する画期的な方法を提案したいと思います。「GRANDIT」と呼ばれる次世代の統合基幹システムです。こちらには多彩な業務ノウハウが詰まっているので、あなたの会社にピッタリの販売管理の方法がきっと見つかるはずですよ。これまでの統合基幹システムにはない、斬新な機能が充実しているのが「GRANDIT」の特色です。

そして「GRANDIT」は、基幹業務を超えてすべてを統合した真のオールインワンの統合基幹システムです。国際化・多様化の時代にピッタリの統合基幹システムと言えますね。これならば、競争力のあるビジネスが実現できること間違いなしです。

販売管理は、いずれの会社においてもなかなか頭の痛い課題です。素晴らしい性能を持つ次世代の統合基幹システム「GRANDIT」を使って、販売管理をスムーズに行って業務の効率化を図ってみてはいかがでしょうか?

■次世代の統合基幹システム「GRANDIT」http://www.grandit.jp/

ビジネスホンを探すなら「コスト削減ナビ」

http://morrisdeesaward.com/業務の効率化とコスト削減の面から、ビジネスホンの導入を検討している事業所は多いと思います。事業所によっては、新品のビジネスホンを導入するよりは、中古のビジネスホンを導入して様子を見ようと思っている所も少なくないと思います。
そのようにお考えの事業所の方々が、中古のビジネスホンを選ぶ際に、とても役立つ「ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ」と言う、下記のサイトをご紹介したいと思います。

コスト削減ナビ

このサイトでは、「ビジネスホン導入の費用は必ず総額を確認すること」や「営業マンの言葉だけで導入を決めない」、「ビジネスホン導入の現場を見てもらう」、そして「あまりにも安い中古のビジネスホンは避ける」などと言った「後悔しないためのビジネスホン選びのコツ」を伝授してくれます。

また、「コスト削減ナビ」の目玉商品として、SOHOや3名程度のオフィス向けに、初期費用を抑えた「0円ジビネスホン」を提案していることです。この「0円ジビネスホン」については、電話回線の同時申し込みが必要となります。もちろん導入後の保守サービスも完備していますので安心です。

「コスト削減ナビ」では、フリーダイヤルでの電話受付を24時間体制で対応していますので、思い立った時に相談することができます。このフリーダイヤルは、PHSからも携帯電話からもかけられるので便利です。

ビジネスホンの導入を検討されている方は、是非「ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ」を活用されることをお奨めします。

ビジネスホンが高い理由と安くビジネスホンを設置する方法

起業や開業をしたら、まずはビジネスホンを使用できるように、オフィスへ回線を引かなければいけません。ここで多くの事業主は躓きます。というのもビジネスホンは予想よりも遥かに値段が高いのです。家庭用電話機よりも少し高い程度と思っていたら、痛い目に遭いますので注意してください。

大まかに値段をお伝えしておくと、ビジネスホン1台当たり10万円から20万円の費用がかかります。つまり5・6台の電話機を事務所に設置する予定であれば、下手をすると100万円ものコストが必要になるのです。なぜ値段が高いのかというと、そこには既得権が存在するからです。要は一部のメーカーにしか、販売・契約権利が備わっていないためです。だから値段が安くならないというわけです。

そこで注目すべきが中古製品の活用です。工事費込みの専門業者を利用すれば、3台10万円ほどで設置が可能です。通常の半額程度にはコストを抑えられるでしょう。このようなサービスを実施している業者では、同時にスマートフォンやコピー機の中古製品も扱っています。人を雇うことになれば必要になってくるかと思いますので、合わせて検討してみるといいでしょう。ただし中古製品となりますので、できれば保障期間の設けられている業者のビジネスホンを選ぶようにしましょう。